ネイルデザインの幅が広がる!カラーリキッドの使い方

text by chie

ネイリストさんなら1度は使ったことがあるのではないでしょうか。最近注目されているカラーリキッドを使ったネイルアートです。

幅広いアートやデザインに使えるので、1つは持っておきたいアイテム。

そんなカラーリキッドを使ったおすすめのデザインとその使い方をご紹介します。セルフネイラーさんでもできるデザインなので、ぜひ参考にしてみてください!

カラーリキッドとは?

そもそもカラーリキッドとは?と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

カラーリキッドとは、簡単に説明すると「ネイル用インク」。サラサラテクスチャで半透明のインクなので、水彩画のようなデザインを作ることができます。

流れやすく色が重なりやすいので細かなアートには向きませんが、繊細で深みのあるデザインが完成します。

幅広いネイルデザインに使えるので、持っていて損はないでしょう!

カラーリキッドのおすすめデザインと使い方

ではここで、カラーリキッドを使ったおすすめのネイルデザインと使い方をご紹介します!

大理石風デザイン

こちらは大理石風に仕上げたネイルデザインです。色味をしっかりと出したい場合は、ベースにホワイトのジェルを塗布しておきましょう!

リキッドは、一気に複数の色を爪にのせると混ざってしまいます。1色ずつ、ある程度乾いたことを確認しながら何色かを重ねていくのがおすすめです。

またカラーリキッドは広がりやすく流れやすいので、爪にのせるときは少量ずづがポイント!

カラーを混ぜたい場合は、エタノールやジェルクレンザーを少量含ませた筆で馴染ませていくと綺麗に仕上がりますよ。

単色塗り

カラーリキッドは単色塗りをすることもできます。半透明のインクなので、クリアベースの透明感あるカラーに仕上がってとても綺麗です。

この場合は、ベースジェルとクリアジェルを硬化させた後にリキッドをのせていくだけでOK!とても簡単に透明感のあるネイルデザインが完成します。

カラーリキッドは流れやすいので、単色塗りの場合は特に皮膚に付着しないように気をつけてくださいね!

フラワーアート

こちらのデザインも、簡単にアートが楽しめておすすめです。

リキッドを落として、ふんわりした花びらのような形に仕上げます。リキッドが乾いたら、クリアジェルを塗布して一度硬化しましょう。

そしてその花びらをカラージェルで縁取るだけでOK!簡単に水彩画のようなフラワーアートが完成します。

より奥行き感を出したい場合は、花びらを数枚ずつに分けて描きクリアジェルで硬化する、という工程を繰り返してみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか!カラーリキッドは、ベースの色を変えたり滲ませ方や色の付け方などを変えたりするだけで、仕上がりが大きく変わってきます。

デザインの幅も広いので、1つは持っておきたいアイテムです。カラーも豊富で販売しているメーカーもたくさんあるので、ぜひお気に入りのリキッドを見つけてみてください!

画像引用元:「pixabay」「Pexels

関連記事

女子力UP飲む香水

ページ上部へ戻る