【100均】初心者向け!プチプラアイテムでセルフジェルネイル〜part2

セルフジェル

text by sumiko

part1では、ジェルネイルに必要なアイテムやコツ、ポイントなどをご紹介しました。part2では、実際のジェルネイルのやり方を詳しくご説明します!

セルフジェルネイルのやり方

セルフジェル

マニキュアとはまた違った手順のジェルネイル。

工程はマニキュアと比べて少し多いですが、その分ツヤツヤしたネイルが長持ちします♡

ジェルネイルの基本の塗り方をマスターして、セルフネイルを楽しんじゃいましょう!

STEP⒈ プレパレーション

セルフジェル

ベースジェルを塗る前に、まずはプレパレーションという下処理をしていきます。

プレパレーションをしておくことでジェルの浮きや欠けを最小限にすることができて、ネイルの持ちがよくなる効果が…♡

工程は以下の通り♪

  1. 甘皮をプッシャー(甘皮押し)で押し上げます。
  2. 濡らしたガーゼを親指に巻きつけ、キューティクルラインに沿ってくるくる円を描きながら甘皮をキレイに除去します。
  3. 爪表面のツヤがなくなる程度に軽くサンディングして、ジェルが爪に定着しやすくします。
  4. (目の細かいスポンジヤスリで優しくヤスリがけしてくださいね♡)
  5. ダスト(つめにヤスリをかけた時に出る細かな削りカス)を、消毒用エタノールを含ませたコットンでキレイに拭き取ります。

STEP⒉ ベースジェル

セルフジェル

プレパレーションが終わったら、早速ベースジェルを塗っていきましょう。

マニキュアを塗る時のベースコートと同じく、ベースジェルにはカラージェルの密着をよくしたり持ちをよくさせる効果がありますよ。

  1. 薄めに爪全体にベースジェルを塗り広げます。
  2. 爪先の側面にも忘れずにベースジェルを塗ってくださいね♪

STEP⒊ ベースジェルを硬化させる

セルフジェル

ベースを塗ったら、UVライトかLEDライトで硬化させます。

ライトの照射時間はジェルによって違うので、表示通りの時間照射させてくださいね♪

STEP⒋ カラージェル

セルフジェル

お好きな色のカラージェルを塗りましょう♡

  1. 1度目はベースとして薄くさっと塗ります。
  2. 2度目は色むらを消すように調節しながら塗ります。

STEP⒌ トップジェル

セルフジェル

仕上げにトップジェルをしてカラージェルを保護します。ネイルアートした場合は、アートした最後にトップジェルでコーティングしてくださいね♪

ぷっくり仕上げにしたい方は、一度にたくさん乗せるのではなく、薄く2度塗りして仕上げるとキレイですよ♡

STEP⒍ 未硬化ジェルを拭き取る

セルフジェル

ジェルを硬化させてもジェルネイルの性質上、表面にベタベタとした未硬化ジェルが残ります。

ベースジェルやカラージェルの工程では未硬化ジェルを取らなくても大丈夫ですが、最後のトップジェルは未硬化ジェルを取り除きましょう♡

消毒用エタノールをキッチンペーパーに含ませて拭き取ればOKです!

100均ジェルネイルでお家サロン♪

セルフジェル

セルフでジェルネイルをする基本のアイテムと手順をご紹介いたしましたがいかがでしたか?

100均アイテムで手軽に試せるので、せひトライしてみてくださいね♡

part1はこちら!

https://nailmagazine.online/2021/09/25/100yen-self-gelnail/

画像引用元:「写真AC」「pixabay」「pexels

この記事の著者

sumiko

名古屋芸術大学デザイン学部でデザイン・アートを学ぶ。
オブジェの作成やインスタレーション、写真などのグループ展を行う。
在学中にイギリスのアートカレッジへの海外留学を経験し、
アートや写真(フィルム撮影)を学びながら、現地のアートに触れる。
卒業後は大手アパレルメーカーへ就職し、VMD戦略の立案、設計を担当。
その後、アート事業を手がける企業が経営するギャラリーカフェの運営を担当。
2016年よりイラストレーターとして作品作成・グッズ販売のほか、幼少より続けている書道(書道師範免許所有)で、作家活動をスタート。
2020年よりライターとして執筆・写真素材作成の活動もはじめ、現在も精力的に活動中。

・インスタアカウント illustrator_sumiko
・2017年「京ひかり」パッケージ題字(ドラッグひかりオリジナル米)
・2018年香港の大手アパレルブランドと契約しイラスト提供。
・ヨガ用品メーカーへイラスト提供。
・ベンチャー企業へアプリやロゴのイラスト提供。
・製菓メーカーへロゴ提供。

この著者の最新の記事

関連記事

女子力UP飲む香水

ページ上部へ戻る