【セルフネイル】よくある悩みを解決!マニキュア編【Q&A】

マニキュアの悩み

text by sumiko

手軽に優秀なネイルポリッシュやネイルパーツ、ネイル用品などが手に入るようになり、セルフネイルを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。

「サロンに行きたくてもなかなか行けない…」という方にも嬉しいセルフネイル。ですが、ネイルについての疑問が解決できないまま…なんてことも。

今回はそんなセルフネイルについての疑問をQ&A形式でご紹介いたします。参考にしてみてくださいね。

ネイルポリッシュ(マニキュア)派のQ&A

マニキュアの悩み

Q1:マニキュアのメリット・デメリットは?

マニキュアのメリットデメリット

A:メリット‥‥ネイルポリッシュは手軽に手に入れられ、簡単に付け替えができること。

  デメリット‥‥乾くまでの時間が長いこと。

マニキュアはドラッグストアやコンビニでも購入でき、欲しい時にすぐ手に入れられます。価格も安価なものが多いので、様々なカラーに挑戦しやすいのもメリットと言えるでしょう。

手軽に挑戦できる反面、乾くのに数十分かかってしまいます。乾く前にうっかり触ってしまってせっかく塗ったネイルがぐちゃぐちゃになってしまったり、剥がれやすかったり…というのがデメリットです。

Q2:セルフでネイルポリッシュを塗るのに必要なものは?

マニキュア必要アイテム

A:ベースコート、トップコート、カラーマニキュアを揃えて。

基本的にこの3点があればネイルを楽しむことができます。

よりキレイな仕上がりを求める場合は、甘皮をケアするグッズや、ネイルポリッシュがはみでた時に修正するための、綿棒やウッドスティック・コットンなどがあると良いですよ。

Q3:ネイルポリッシュをキレイに仕上げるポイントは?

綺麗に仕上げるポイント

A:塗る順番を、エッジ部分→真ん中→左側→右側の順で。塗ったら乾くまで触らないようにします。

初めにベースコートを塗りましょう。そうすることで、カラーマニキュアが塗りやすくなるだけでなく、ネイルの持ちや発色もよくなります。

爪への色素沈着も防げますので、忘れないようにしっかりベースコートを塗ってくださいね。

ベースコートを塗ったら、次にカラーマニキュアを2度塗りして、トップコートを塗りましょう。

Q4:ネイルが爪の先から剥がれやすいのはどうして?

ネイルが剥がれる原因

A:爪のエッジ部分にネイルが塗れていない可能性が。爪表面だけでなく、エッジ部分までしっかりと塗りましょう。

マニキュアはよく持って1週間ほどなので、もともと剥がれやすいものではあります。しかし爪先から剥げてしまう場合は、爪のエッジ部分までしっかりネイルが塗れていないのかもしれません。

エッジ部分と爪表面を曲げるように意識して塗ってくださいね♪

Q5:ネイルがはみ出してしまったらどうすればいい?

ネイルのはみ出し対処法

A:ウッドスティックを使って、ネイルのはみ出しを修正しましょう。コットンがあればなお良し。

爪のキワまでしっかりとネイルを塗ろうとすると、どうしてもはみ出して皮膚を汚したり、キューティクルラインがガタガタになってしまったりすることがありますよね。

そんな時は、ウッドスティックにコットンを巻きつけて、除光液を含ませたもので落としましましょう。

細かい部分も、先端が細くなっているウッドスティックなら簡単にキレイにできますよ。

はみ出しを修正すると、仕上がりが一気に垢抜けた印象になります♪

Q6:ワンカラーネイルに飽きてしまった。簡単なネイルアートは?

簡単セルフアート

A:ドットネイル・真っ直ぐフレンチがオススメ!

真っ直ぐフレンチは、マスキングテープを使えば簡単にできます。ベースコートが乾いたらマスキングテープを貼って、上半分にお好みのネイルカラーを塗ります。テープを剥がして、ネイルカラーが乾いたらトップコートで仕上げます。

ドットネイルもトライしやすいデザインです。

少量のマニキュアを爪楊枝の柄の部分に付けて、ドット柄を描けば出来上がり♪

Q7:マニキュアでもネイルパーツが使いたい!どうしたらいい?

ネイルパーツの使い方

A:厚みのないパーツを選べばOK。ネイルシールを使うのも◎

ホログラムや押し花・箔やネイルシールなど、あまり厚みのないタイプのネイルパーツなら、マニキュアでも使えますよ。

ホログラムなどのパーツをつける場合はトップコートを塗り、乾く前に爪の上にパーツを乗せます。

その後、トップコートが乾いたことを確認したら、さらにトップコートを塗ってパーツをコーティングします。

ネイルシールを使う場合は、ネイルカラーが乾いたことを確認してから貼り付けて最後にトップコートで保護して完成です。

Q8:以前買ったマニキュアがドロドロになった!どうすればいい?

ドロドロのマニキュア対処法

A:マニキュアの粘度を調整出来る、専用の薄め液を使えばサラサラに戻せます。

以前購入したマニキュアが、「ドロドロとした状態で固まっている!」そんな時は専用の薄め液でサラサラの状態に戻すことができます。

専用の薄め液をネイルカラーの瓶に少しずつ入れて、様子をみながら調節してくださいね。

悩みを解消するとセルフネイルがより楽しくなる!

まとめ

セルフネイルの小さな疑問を解消すると、ワンランク上の仕上がりになってよりネイルが楽しめるようになりますよ♪

皆さんもぜひ今回の記事を参考にして、ネイルを楽しんでくださいね!

画像引用元:「pixabay」「写真AC

マニキュアを早く乾かすコツが知りたい方はこちらもチェック!

この記事の著者

sumiko

名古屋芸術大学デザイン学部でデザイン・アートを学ぶ。
オブジェの作成やインスタレーション、写真などのグループ展を行う。
在学中にイギリスのアートカレッジへの海外留学を経験し、
アートや写真(フィルム撮影)を学びながら、現地のアートに触れる。
卒業後は大手アパレルメーカーへ就職し、VMD戦略の立案、設計を担当。
その後、アート事業を手がける企業が経営するギャラリーカフェの運営を担当。
2016年よりイラストレーターとして作品作成・グッズ販売のほか、幼少より続けている書道(書道師範免許所有)で、作家活動をスタート。
2020年よりライターとして執筆・写真素材作成の活動もはじめ、現在も精力的に活動中。

・インスタアカウント illustrator_sumiko
・2017年「京ひかり」パッケージ題字(ドラッグひかりオリジナル米)
・2018年香港の大手アパレルブランドと契約しイラスト提供。
・ヨガ用品メーカーへイラスト提供。
・ベンチャー企業へアプリやロゴのイラスト提供。
・製菓メーカーへロゴ提供。

この著者の最新の記事

関連記事

女子力UP飲む香水

ページ上部へ戻る