【時短】マニキュアを早く乾かすコツは?

ポリッシュネイルのコツ

マニキュア派のみなさんは、塗ってから乾かすまでどう過ごしていますか?

意外とマニキュアが乾くまでの時間は長いもの。待ち時間を少しでも短くする方法があればとっても嬉しいですよね。今回は、すぐに実践できる裏技をご紹介いたします。塗るマニキュアの選び方や、準備しておくと役立つアイテムも併せて見ていきましょう。

text by symiko

マニキュアが乾くまではどれくらいの時間がかかる?

ポリッシュが乾くまで

自宅でセルフネイルするとき、乾くまでにどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

ネイルの表面は乾いているので油断してヨレさせてしまったり、ハゲさせてしまったりしてがっかり…という経験をした方も多いのでは。

マニキュアが乾くまでのおおよその時間を知れば、そんな失敗も防げますよ。

乾く時間は約30〜60分

マニキュアを爪に塗布してから乾くまでには、約30〜60分かかります。

「意外と時間がかかるなあ…。」と思われた方も多いのではないでしょうか。

表面がサラサラと乾いていても、マニキュアの中までしっかりと乾いて固まるまでに、案外時間がかかるのです。

約60分間、ただじっと待つのは疲れてしまいます。かといって、手を使った作業も難しい…。

そんな待ち時間は、映画やドラマをゆっくり鑑賞したり、タブレットで電子書籍を読んだりして過ごすのがオススメです。

マニキュアの種類によっても変わってくる

マニキュアが乾くまでの時間は、種類やそれぞれの商品によって変わってきます。

発色や成分、仕上がりによって乾きやすさも様々。商品ごとに違った特徴があるんです。

「早く乾かしたい!」という方にオススメのマニキュアは、

  • ラメやパール入りのタイプ
  • 透明がかった薄めのカラー

です。

少しヨレていても目立たない分、乾かしが甘かった場合でも失敗が気になりにくいですよ。

さらに、

  • 一度塗りで高発色
  • 速乾と表記してあるタイプ

上記のようなマニキュアも重ね塗りする必要がない分、早く乾いたり、重ね塗りしても速乾な分、乾く時間が短くて済んだりするので◎です。

マニキュアを早く乾かす裏技は?

早く乾かす裏技

先ほどご紹介したように、マニキュアが乾くまで約30〜60分と知り、「かなり長い!」とお思いの方も多いと思います。

そこで、マニキュアを早く乾かすための裏技をご紹介いたします。

大事なのは事前準備

マニキュアを塗る前に、まず大事なのはしっかりと下準備をしておくこと。

作業を始める前に、環境を整えておきましょう。

特に重要なポイントは「温度」ですよ。

  • 冷蔵庫でマニキュアを冷やしておく
  • 指先の温度を調節しておく
  • 爪の表面を磨いて滑らかにしておく

上記3点が、マニキュアを早く乾かす裏技!

マニキュアを塗る30分前から冷蔵庫で冷やしておくのがコツです。

冷やすことで、マニキュアの伸びがよくなると言われており、厚塗り防止になる結果、乾きやすくなります。

指先は、夏には指先を冷やし、冬は温めることで、外気と体温の差を縮められるので乾きやすくなると言われています。

爪の表面をツルツルにしておくことで、よりマニキュア液を均一に塗布することができ、乾きやすくなります

さらに、爪の表面に凹凸が少ないと色むらが出にくく、重ね塗りする回数も少なくて済むので、結果乾きやすくなりますよ。

ドライヤーや扇風機で冷風を当てる

マニキュアを乾かす時間を短縮させるのに、ドライヤーや扇風機の風を当てるのもオススメです。

「特に早く仕上げたい!」そんな急ぎの場合には、爪先に集中して風を当てられるドライヤーを選ぶのがGOOD。

  • ドライヤー:冷風モードで使用
  • ドライヤー&扇風機:強風モードは×(強風はネイルがヨレてしまいます)

「とにかく早く乾かしたい!」と、ドライヤーの温風モードをマニキュアに当ててしまうと、気泡が立ち、つるんとした表面に仕上がらなくなってしまいます。

また、まだ乾き切っていないマニキュアがヨレてしまうので、強風モードの使用も控えるのがベターでしょう。

マニキュアを塗った爪先を氷水につける

マニキュアは、塗る前も塗った後も「冷やす」のが効果的!

  1. 洗面器などに氷水を張って準備しておきましょう
  2. ベースコート・マニキュア・トップコートまで済ませたら、2〜3分乾かします
  3. そっと静かに氷水に指先を浸します(数分間)

マニキュアが乾き切ってなくても、表面が乾いていれば氷水に浸して大丈夫です。

ただし、氷水に数分間指先をつけておくのが「冷たくて耐えられない!」という方は無理をしないでくださいね。

便利グッズを活用する

マニキュアを乾きやすくする便利アイテムもたくさん販売されています。

そんな「速乾アイテム」を活用するものいいですね。

  • スプレータイプ
  • オイルタイプ
  • トップコート兼用タイプ
  • ネイル乾燥機

スプレータイプは、エタノールなどの撥水成分が素早い乾燥を促してくれます。

マニキュアを塗り終えたら、プッシュして振りかけるだけで簡単に扱えるので、ネイル初心者さんにもオススメのアイテムですよ。

オイルタイプは、ハケで爪先にマニキュアと同じような感覚で濡れるのが特徴。

爪や指先に優しい成分が配合されたタイプもあります。ピンポイントで使えるので、指先が汚れないのも嬉しいですね。

トップコート兼用タイプは、工程が省ける分さらに時短になるので、急いで仕上げたい方にオススメです。

ネイル乾燥機は、サロンのような仕上がりを期待できるアイテムです。

マニキュアには、「送風タイプ」を選んでくださいね。

コツを掴んでマニキュアをキレイに乾かそう

マニキュアをキレイに乾かそう

マニキュアの乾かし方や、コツ、便利アイテムをご紹介いたしましたがいかがでしたか?

ぜひ参考にして、セルフネイルをキレイに仕上げてくださいね。

画像引用元:「pixabay」「pexels

https://nailmagazine.online/2020/12/28/petit-price-nail/

この記事の著者

sumiko

名古屋芸術大学デザイン学部でデザイン・アートを学ぶ。
オブジェの作成やインスタレーション、写真などのグループ展を行う。
在学中にイギリスのアートカレッジへの海外留学を経験し、
アートや写真(フィルム撮影)を学びながら、現地のアートに触れる。
卒業後は大手アパレルメーカーへ就職し、VMD戦略の立案、設計を担当。
その後、アート事業を手がける企業が経営するギャラリーカフェの運営を担当。
2016年よりイラストレーターとして作品作成・グッズ販売のほか、幼少より続けている書道(書道師範免許所有)で、作家活動をスタート。
2020年よりライターとして執筆・写真素材作成の活動もはじめ、現在も精力的に活動中。

・インスタアカウント illustrator_sumiko
・2017年「京ひかり」パッケージ題字(ドラッグひかりオリジナル米)
・2018年香港の大手アパレルブランドと契約しイラスト提供。
・ヨガ用品メーカーへイラスト提供。
・ベンチャー企業へアプリやロゴのイラスト提供。
・製菓メーカーへロゴ提供。

この著者の最新の記事

関連記事

女子力UP飲む香水

ページ上部へ戻る