【べっ甲ネイル】プチプラセルフで簡単に作る方法!〜Part1〜

べっ甲アートセルフネイル

text by sumiko

取り入れるだけでトレンド感やオシャレ感が簡単に手に入る、「べっ甲(べっこうネイル)」。「セルフでやってみたいけどネイルサロンでしか出来ない…」と諦めるのはまだ早い!今回はプチプラアイテムで簡単に自宅でも出来る、べっこうネイルの作り方をご紹介いたします。ぜひ最後までご覧くださね。

プチプラアイテムで簡単セルフネイル

べっ甲アートセルフネイル

シックなカラーリングと意外にもファッションに合わせやすい「べっ甲ネイル」は、秋冬になると取り入れたくなるネイルデザインの1つ。

手に入れやすいプチプラアイテムで早速、セルフネイルしてみませんか?

べっ甲ネイルに必要なアイテム

セルフネイルを始める前に、まずは必要なアイテムを用意しておきましょう。

今回は、100円ショップやドラッグストアで揃うプチプラアイテムで作ってみました。

使用アイテムは以下の通りです。

【べっ甲ネイルを作るためのマニキュア(ネイルポリッシュ)】

べっ甲アートHOWTO
  • NAIL HOLIC(ネイルホリック)〈ネイルカラー〉‥YE 503、SP 043
  • UR GLAM カラーネイルセレクション‥OR1、BK1
  • CANMAKE(キャンメイク)‥カラフルネイルズ N36

【ベース&トップコート、グッズ】

べっ甲アートHOWTO
  • キャンドゥ ACクイックドライ トップコート
  • CANMAKE(キャンメイク)‥カラフルネイルズNBC(ベースコート)、ジェルボリュームトップコート
  • キッチンペーパー(ハケの汚れを拭き取ります)
  • クッキングシート(パレットとして使用)

次の記事では、べっこうネイルの作り方をご紹介します。続きはこちらから☆

この記事の著者

sumiko

名古屋芸術大学デザイン学部でデザイン・アートを学ぶ。
オブジェの作成やインスタレーション、写真などのグループ展を行う。
在学中にイギリスのアートカレッジへの海外留学を経験し、
アートや写真(フィルム撮影)を学びながら、現地のアートに触れる。
卒業後は大手アパレルメーカーへ就職し、VMD戦略の立案、設計を担当。
その後、アート事業を手がける企業が経営するギャラリーカフェの運営を担当。
2016年よりイラストレーターとして作品作成・グッズ販売のほか、幼少より続けている書道(書道師範免許所有)で、作家活動をスタート。
2020年よりライターとして執筆・写真素材作成の活動もはじめ、現在も精力的に活動中。

・インスタアカウント illustrator_sumiko
・2017年「京ひかり」パッケージ題字(ドラッグひかりオリジナル米)
・2018年香港の大手アパレルブランドと契約しイラスト提供。
・ヨガ用品メーカーへイラスト提供。
・ベンチャー企業へアプリやロゴのイラスト提供。
・製菓メーカーへロゴ提供。

この著者の最新の記事

関連記事

女子力UP飲む香水

ページ上部へ戻る