ネイルチップの作り方を徹底解説!セルフで簡単に作るには?〜part2

part1では、ネイルチップ作成に必要なアイテムをリストアップしました!ここからは、実際にネイルチップを作成する手順を詳しくご紹介します。

作り方の手順

1.   ネイルチップのシェイプを整える

ネイルチップを自分の爪になじませて自然な仕上がりにするために、まずはネイルチップの形をやすりで削って整えましょう。

慣れないうちは少し面倒に感じるかもしれませんが、この手順を行うことで仕上がりがより美しくナチュラルになります。

2.   ネイルチップをセットしてベースカラーを塗布する

ネイルチップの形が整ったら、ネイルチップ専用のチップスタンドに両面テープを使って固定します。

ここで、ぐらつきが出ないようにしっかりと固定することがポイントです。

しっかりと固定できたら、ベースコートを塗布して下地を作っておきます。

クリアチップの場合はクリアのベースコート、カラーのついたネイルチップの場合はベージュ系のベースコートにすると、ネイルカラーの発色とネイルチップの発色を邪魔しません。

3.   ネイルパーツやポリッシュでアートを施す

下準備が整ったら、いよいよネイルアートに取り掛かります。

好みのネイルカラーを塗ったり、デコパーツで楽しく飾り付けをしたりします。

100円ショップにも本格的なネイルパーツや、トレンドカラーのネイルポリッシュがたくさんあるので、はじめのうちは100円ショップで揃えて試してみるのもいいですね。

4.   トップコートでコーティングして仕上げ

ネイルアートを作り終えたら、トップコートを塗ってしっかり乾燥させたら完成です!

乾くまでは、ネイルチップスタンドに固定したまま触らないようにしましょう。

ネイルポリッシュは乾くまで時間がかかるので、ほこりがつかないようにアクリルボックスなどで蓋をしておくといいですよ。

簡単・素敵に仕上げるコツは?

ネイルチップの基本的な作り方をおさらいしましたが、より簡単にプロ級に仕上げるコツをこっそりお伝えします!

素敵に仕上げられるようにいろいろ試して練習してみてくださいね♪

●     シールやデコパーツを活用する

簡単・キレイなネイルアートに仕上げるために、ネイルアート用のシールを活用しましょう。

貼るだけでテクニックいらず、簡単・スピーディにネイルアートが完成します。

いろんなデザインのシールが販売されているので、選ぶのも楽しいです。

組み合わせ方次第で、オリジナリティあふれるネイルアートが作れますよ。

●     ワンカラーでキレイに仕上げるコツを掴む

ベースのネイルカラーかキレイに仕上げられていると、プロっぽい仕上がりになります。

まずは、単色でムラなくネイルカラーが塗れるように練習してみましょう。

1度目はさっと薄く塗り広げ、2度目でしっかりと色むらをカバーできるように塗り重ねます。

刷毛を瓶のフチでしごいて広げ、余分なネイルカラーを落としたら、爪の中央、それから左右と順に塗るのがキレイに仕上がるネイルカラーの塗り方です。

上達すれば販売できるかも?

たくさんネイルチップを作っていくうちに、だんだんキレイに仕上げられるようになったり、作りたいデザインのアイデアがどんどん湧いてきます♪

上達したら、自分で作ったネイルチップをハンドメイドサイトやフリマサイト等で販売して、副業にすることもできます。

販売しなくても、家族やお友達に作ってあげたりと、みんなでネイルチップを楽しめるようになるのでどんどん練習して技術を磨いちゃいましょう!

画像引用元:「写真AC」「pixabay

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

女子力UP飲む香水

ページ上部へ戻る