日焼け肌にも合うブラウンピンクネイル

ブラウンピンクネイル

Text/編集部

2020年夏が終わり、いよいよ9月。

まだまだ残暑厳しいですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年は春先よりCOVID-19(新型コロナウィルス感染症)の影響で、外出を自粛されている方も多かったり、常に美白を意識され日焼けなんてしない!という方もいらっしゃるでしょうが、

ハワイなど海外旅行は行けずとも自粛ムードの都会と人混みを離れ、海や山の方にドライブされたり、テレワークで出社が少なくなった分の運動不足を補うために早朝ジョギングなどされた方々もいらっしゃるようです。

個人的には子どもの保育園へのママチャリ送迎で意図せず毎年日焼けしてしまいますが、意識して日焼け止めを塗ったり日除けを着ても夏が終わる頃には何となく日焼けしたなぁ…と感じる方も多いのではないでしょうか。

そうなるとあれ?と気づくのが普段使っているファンデーションやお気に入りのネイルカラーの色が何となく合わなくなってしまう、という問題です。

withered leaves photo
Photo by Daniel Frank on Pexels.com

ネイルサロンでも、毎年8月後半になると、早々に夏場のビビッドなカラーからより深みのあるシックなカラーが良く出るようになっていました。

夏のまだ暑さが残るうちから銀座などショップのショーウィンドーに、ブラウンや黒など秋冬のお洋服や小物がならび、気分も変わってくるからかもしれません。

しかし、それ以上に季節やファッション、肌の日焼けでネイルカラーもすっかり似合う色が変わってしまうのです。

夏の終わり頃から秋にかけて、私が勤務していた銀座、恵比寿のサロンで良く出ていたカラーは濃いめのブラウンベージュやグレージュ、深みのあるワインレッドでした。

また、ゴールドのラメネイルやカーキなど全体的にくすみのある落ち着いた色味にシフトしていきます。

定番のピンクネイルですが、日焼け肌には似合いにくいと感じる方も多く、特に普段オフィスワークで白みのあるベビーピンクが似合っていたお客様などは日焼けされると、かなり色選びに迷われていたように思います。

そのような時には、ネイルサロンによっては季節のオススメを用意していたり、お好みの色味にオリジナルで調整してくれるサロンもありますので、ネイリストに相談してみてはいかがでしょうか。

個人的に日焼け肌にオススメなのは、上記にも出した深みのあるレッドカラーや、ゴールド系のグラデーションデザインです。

薔薇

グラデーションというデザインによって抜け間や軽さも演出でき、まだ夏の雰囲気が残る空気の中でも重さを感じません。

またマニキュアを自分でされる方にオススメなのが今年のCHANELの限定レッドカラー!

CHANEL 2020限定カラー 761 – ヴィブラシオンは女度をこれでもかと匂わせながらもピュアな少女も感じさせる色で、765 – アンテルディは大人の女性の肌をこっくりと肌を美しく健康的に見せてくれるカラーです。

濃いレッドは逆に肌を白く見せてくれますので、うっかりやや日焼けしてしまったかな?という場合にもオススメします。

濃い色には抵抗がある…そんな時別には、単色ワンカラーでオススメなのは逆に白みがあるベージュです。

20代前半の若い方ですと昔90年代のギャルっぽさを彷彿とさせる恐れもあるカラーですが、30代後半からだと若々しいイメージになります。

最近は透け感があるちゅるんとしたカラーも多く、ナチュラルにも仕上がり、服装も場所も選ばないのでプライベートも仕事も両立される方に特にオススメです。カジュアルファッションにもマッチしますよ。

そして、一番困りがちな、普段ピンク系を好んでいらっしゃるお客様には肌色に応じて、くすみのあるピンクや、赤みを押さえて黄みをを加えたピンク系もオススメ出来ます。

そして比較的、日焼け肌の日本人の多くに合いやすいピンク系カラーは、ブラウンピンクだと個人的に感じます。

CHANEL ヴェルニ ロング トゥニュの定番735のデイドリームあたりが色味的に近いです。

スカートを履いたり少し可愛いらしいファッションをする方、コンサバのファッションが落ち着く方に合いやすいです。嫌みの少ないピンクカラーは気持ちまで優しくしてくれそうです。

日焼け肌は期間限定。新しくカラーを買い足すのも…という方は、サロンかセルフでジェルネイルをしてみると良いかもしれません。

ジェルネイルでは混色も簡単に出来て、数少ないカラーから、新しいカラーを作ることもできます。

ネイルデザイン
ピンクブラウンネイル

こちらの写真は色がわかりやすいよう無修正で粗が多くすみませんが、ジェルでピンクブラウンを作り、あえてケアもせずにセルフで両手10分でササッと塗って完成したものです。

ネイルデザイン
蛍光灯の下でも肌が綺麗に見える

クリアを少し混ぜているのでちゅるん感が出て、塗りムラも目立ちません。かなり日焼けした肌でもピンクを諦めないで大丈夫。

セルフネイルに挑戦したことがない方、一度挑戦してみませんか?

また日焼けしてしまい、いつものカラーが合わなくなったけど自分でたくさんのカラーやデザインから選べない方は、サロンでネイリストに相談するのもオススメです。

この記事の著者

編集Nailmagazine編集部

プロのネイリストが運営、管理する"本物のネイル情報"だけを発信していくオウンドメディアです。

一般のNAILLOVER向け情報はもちろん、早い時代の変化に乗り遅れないネイリストのための情報ポータルでもあります。

しがらみがないことを強みに、どこよりも片寄りなく公明正大で、きちんとメリットだけでなくデメリットも発信していくメディアを目指していきます。

「Nail magazine」編集部

この著者の最新の記事

関連記事

女子力UP飲む香水

ページ上部へ戻る