落ちにくい「ラメネイル」素早く簡単に取る裏ワザ!

ラメネイルオフの方法

text by sumiko

セルフネイルをする以上、どうしてもしなくてはいけない「ネイルオフ」。

特にぎっしりのラメネイルやホログラムのパーツを使用したネイルは落としにくく、苦労されている方も多いのではないでしょうか。そんな接着力が高いラメネイルを、素早く簡単に取る裏ワザをご紹介いたします。

ラメネイルを素早く落としたい!

ラメを素早く落としたい!

キラキラした輝きがキレイな「ラメネイル」。セルフネイルにプラスするだけで、仕上がりに差をつけられて気分も上がる便利アイテムですよね。

そんなセルフネイルでも根強い人気で欠かせない存在のラメネイルですが、1点気にかかるポイントは「ネイルオフのしにくさ」。

除光液をつけたコットンで何度こすってもなかなか取れなかったり、小さなラメが残ってしまったり…。

コットンにラメが引っかかって毛羽立ってしまい、うまく落とせないなんてことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、素早くラメネイルを落とす裏ワザをご紹介いたします。

ラメネイルが落としにくいのはなぜ?

ラメネイルが落としにくい最大の要因は、「爪表面に張り付いたラメの下に覆われたネイルカラーへ除光液が浸透するのを妨げているから」。

ラメネイルのラメは、プラスチックやポリエステルのような素材で出来てきます。

そのラメが表面にくっつくことで、ネイルカラーにまで除光液が行き届かなくなってしまうのです。

「つけ置き」するのがラメネイルを落とすコツ!

そんな落としにくいラメネイルをスッキリと落とし切るコツはズバリ「つけ置き」することです。

ラメやホログラムのパーツがなかなか取れない!早く取り除きたい!と、ついつい何度もゴシゴシとこすってしまいがちですよね。

しかし、強い力を何度もかけることで指先を痛める可能があるので、ゴシゴシ擦るのは絶対にNG!

その代わりに、アセトンベースの除光液をコットンにたっぷりと浸して、20〜30秒くらい爪の上にそっと置いておくのがラメネイルをスッキリ落とすコツです。

あとはコットンを爪に優しく押し当てて、軽く左右に動かしながら拭き取ればラメごとスッキリとネイルオフ出来ちゃいますよ♪

手軽に手に入るアセトンベース除光液

おすすめ除光液

ラメネイルの落とし方のコツをご紹介したところで、近くのドラッグストアや、バラエティショップで手に入るアセトンベース除光液をご紹介いたします。

Ducato ネイルエナメルリムーバー F (アセトンベース)

  • 528円(税込)
  • 220mL

ドラッグストアやバラエティショップにコーナーが設けられていることが多いDucato(デュカート)にアセトンベースのリムーバーがありました。

コットンにたっぷりと含ませて使いやすい大容量が嬉しいですね。

フローラルの香りで、除光液独特のきついにおいが軽減されているのが特徴です。

ちふれ 除光液

  • 528円(税込)
  • 110mL

メイクアイテムや基礎化粧品が有名な「ちふれ」の除光液もアセトンベースタイプです。

無香料・無着色ですが、ツンとした匂いがしにくい除光液です。

爪が白くなりにくく、エモリエント成分配合なので、ネイルカラーを落としたあとの爪をすこやかに保ってくれます。

KATE(ケイト)ネイルカラーリムーバーN

  • 440円(税込)
  • 230mL

おなじみKATE(ケイト)からもアセトンフリーの除光液が販売されています。

取扱店の多いKATEなら、欲しい時にすぐ購入できますね。

手に取りやすいプライスと、たっぷり大容量で、心置きなく使えます。

ベースコートは忘れずに!

意外と忘れられがちなベースコート。

ベースコートはカラーネイルの発色や艶を良くするだけでなく、ラメの付着やカラーネイルの着色を防ぐ効果も。

いつも直接カラーマニキュアを塗っている人は、ベースコートを取り入れてみてください!仕上がりもネイルオフも格段と良くなりますよ!

裏ワザでラメネイルもスッキリ!

裏技でスッキリオフ

ラメネイルをスッキリオフできる裏ワザと、手軽に手に入れられるオススメのネイルカラーリムーバーをご紹介いたしました。

これで安心してラメやホログラムたっっぷりのネイルカラーが楽しめますね。

優しくオフして、すこやかな爪をキープして、セルフネイルを思いっきり楽しんでくださいね♪

画像引用元:「pixabay」「pexels

こちらの記事もおすすめです!

この記事の著者

sumiko

名古屋芸術大学デザイン学部でデザイン・アートを学ぶ。
オブジェの作成やインスタレーション、写真などのグループ展を行う。
在学中にイギリスのアートカレッジへの海外留学を経験し、
アートや写真(フィルム撮影)を学びながら、現地のアートに触れる。
卒業後は大手アパレルメーカーへ就職し、VMD戦略の立案、設計を担当。
その後、アート事業を手がける企業が経営するギャラリーカフェの運営を担当。
2016年よりイラストレーターとして作品作成・グッズ販売のほか、幼少より続けている書道(書道師範免許所有)で、作家活動をスタート。
2020年よりライターとして執筆・写真素材作成の活動もはじめ、現在も精力的に活動中。

・インスタアカウント illustrator_sumiko
・2017年「京ひかり」パッケージ題字(ドラッグひかりオリジナル米)
・2018年香港の大手アパレルブランドと契約しイラスト提供。
・ヨガ用品メーカーへイラスト提供。
・ベンチャー企業へアプリやロゴのイラスト提供。
・製菓メーカーへロゴ提供。

この著者の最新の記事

関連記事

女子力UP飲む香水

ページ上部へ戻る